子供にとっての良い保育園を探してあげたいですね。当サイトでは主に認可保育所の紹介をしておりますので参考にどうぞ。
ようこそ「子供の為の保育園へ」

保育園と幼稚園

保育園と幼稚園どっちがいいのか悩んでいる方いませんか?
今回は保育園と幼稚園の違いをご紹介します。

保育園の場合

保育園は厚生労働省からの補助金をしてもらっており、保育方針はそれぞれの保育所保育指針につ基づいております。
保育園の先生は、保育し免許が必要で、都道府県で保育し登録をするのが必要となっており、児童福祉・児童心理学および精神保健・社会福祉・保険学・生理学・看護学の実習や栄養学の実習・保育原理・教育原理・保育実習を学び、保育士試験を合格します。

保育園では、7:30から18:30までなので、先生はシフト制なので、朝引き受けた先生と引渡しする先生が異なることもあるので、しっかり引き継ぎが行われているかが気になります。

一日の流れ

8:00〜10:00 自由遊び
10:00〜11:00 おやつ、お散歩
11:00〜12:00 給食
12:00〜14:00 片付け、お昼寝
14:00〜15:00 自由、ダンス、工作
15:00〜15:30 おやつ
15:30〜17:30 自由
17:30〜18:30 お迎え

保育内容

自由な遊び時間が多く、低年齢の子供に対しては、歯磨きやオムツトレーニングなどの生活習慣などを身につける保育もされてます。対象年齢は0歳から5歳までで、園によっては生後57日目から入園できるところ、半年以降から入園など、地域によってことなります。食事は、給食となります。

幼稚園の場合

幼稚園は文部科学省から補助金を受け、保育方針は幼稚園教員要領になります。
入園方法は直接幼稚園へ申し込みになり、簡単な試験や面接があるところも多いです。幼稚園の場合は、夏休みや冬休みの長期休暇があります。

先生は幼稚園教諭免許が必要で、音楽、図画工作、体育などの勉強などをします。幼稚園は8:00〜13:00なので、先生の勤務形態もほぼ固定勤務になってます。
※預かり保育をしている園では保育園と同じようなシフト制の場合もあります。

一日の流れ

8:00 登園
8:30〜10:00 自由遊び
10:00〜11:30 一斉保育
11:30〜12:30 昼食
12:30〜13:00 自由遊び
13:00〜      お迎え

保育内容

幼稚園では、小学校受験や早期教育を行う一方で、子供の自主性を尊重する自由保育を行う幼稚園もあります。一般的には、一斉保育と自由遊びの時間を一緒に組み合わせる場合が多いです。満3歳から5歳までのが入園できます。食事は、給食、弁当のところ、混合の場合もあります。

まとめ

保育園と幼稚園の違いは、保育園は仕事している親の変わりになり、保育を行うという児童福祉施設で、幼稚園は教育を行う学校ということになります。

pickup

2015/2/5 更新